住宅ローンを組むなら火災保険加入が   必要?

住宅ローンでは火災保険加入が必須!

■火災保険に加入が必要な理由とは?

住宅ローンを組む際に火災保険への加入が必須となっているのは、ローンを組んだ人がお金に困る事態を防ぐためです。 もし住宅ローンの返済をしている最中に火災が起きた場合、ローンの返済義務は残りますが家や家財を全て失ってしまう可能性があります。 このように返済義務だけが残り資産を失った状態では、経済的に困窮しローンの支払いができなくなると考えられるため、火災保険への加入が必須なのです。

■入る火災保険は自分で決められる?

火災保険は自分で選ぶことができるので、「紹介された保険以外にもっといいものがあるかも」「自分に必要な補償だけ選んで保険料を安くしたい」という人は他の火災保険を検討してみましょう。 もし金融機関などから紹介された火災保険に加入しなければならない場合、紹介された保険に加入することについて書面で同意が必要なケースもあります。その他必要な手続きについては、金融機関などに確認しましょう。

住宅ローンにおける火災保険料の決まり方

住宅ローン対応の火災保険を決めるポイント

●補償内容が購入する住宅に適しているか

●補償されないトラブルにはどう対処するか

●保険料の設定は相場に合っているか

●保険金額が評価額を超えていないか

●家財の補償は付けたか

住宅ローンを組む際には、火災保険にも加入する必要があります。火災保険に加入しなければ住宅ローンは組めないので、支払わなければいけない火災保険料を含めて家計を見直しましょう。

火災保険申請の専門的な被害調査は損害リサーチドゥ!へお申し込みください。

YAHOO!JAPANニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/084ef258aeb66abf462a46cb27e6a91068ea63a2?page=1