【火災保険料値上げ】 値上げのスピード追いつかず

火災保険料が大幅に値上げされる見通しとなった。豪雨や台風など、自然災害が増えているためだ。損害保険各社で作る「損害保険料率算出機構」は、一般住宅を対象とする火災保険料の目安となる「参考純率」を、約11%引き上げる方向で調整している。金融庁に届け出て審査を受けた後、正式に発表する。

参考純率は、損保各社が過去に支払った保険金額などを踏まえて算出される。引き上げが決まれば、2019年以来、2年ぶり。引き上げ幅は05年(8・7%)を上回り、過去最大となりそうだ。

損保各社は、22年度に火災保険料の値上げに踏み切るとみられる。参考純率を目安に、個別の事情を加味するため、値上げ幅は11%よりも大きくなる可能性が高い。19年に参考純率が4・9%引き上げられた際には、損保大手4社は保険料を6~8%値上げした経緯がある。

機構は、自然災害の発生状況を、なるべく早く保険料に反映することを目指し、参考純率の適用期間を、これまでの10年から5年に短縮する。契約のタイミングによって保険料に大きな差が出ることを防ぐ狙いもある。主要各社の火災保険の契約期間は、22年度以降、現在の最長10年間から、最長5年間に短縮される見通しだ。

火災保険申請の専門的な被害調査は損害リサーチドゥ!へお申し込みください。

 

読売新聞オンライン

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210527-OYT1T50337/