小さなヒビでも地震保険の適用になる? - 保険金貰いそびれ診断『損害リサーチドゥ!』は、地震、火災、大雨、大雪、雹、落雷などの被害にあわれた住宅の火災保険、地震保険の調査、修繕を行っております。

小さなヒビでも地震保険の適用になる?

2020年11月16日

ご自宅の基礎や外壁にヒビはありますか?小さなヒビは見落とされがちですが、地震保険の適用になるかもしれません。まずは、ヒビの種類から原因をみていきましょう。

 

クラックの種類


 

クラックとは、ヒビ割れのことです。クラックにはいくつか種類があります。

 

●ヘアークラック

ヘアークラックとは文字通り、髪の毛(ヘアー)のような細い線状のヒビ割れ(クラック)のことです。幅0.2~0.3mmのものがこれに当たります。
自然災害・経年劣化による塗膜性能の劣化で起こることが多く、西日の当たる外壁で発生しやすい傾向があります。「よく見れば気付く」ものが多く、外観的に大きな問題はありません。ヘアークラックの本数が多い場合、雨水が侵入する可能性があります。

 

● 乾燥クラック

モルタルなどの外壁材は、水分の蒸発により収縮が生じます。建物に深刻なダメージが発生しているわけではないですが、ヘアークラック同様、雨水が侵入し、建物内部から傷んでいく可能性があります。

 

● 構造クラック

ヘアークラックより大きい0.3mm以上のクラックで、深さが5mm以上のものをいいます。発生原因として、建物の構造的な欠陥や自然災害(地震・天候不良による凍結)などが考えられます。
また、そのままにしておくと、クラックは広がり、そこからも雨水が浸水。下地が腐り、さらなる被害が出る可能性も考えられます。

 

 

地震保険の補償内容について


 

地震保険は、損害額が建物の時価額に対する割合のどの程度を占めるかで、支払われるパーセンテージが決まります。

判定方法はクラックの長さ・太さ・場所など、専門知識が必要なため、専門家に任せることをお勧めいたします。

 

地震保険の申請に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

地震保険の申請